FC2ブログ

ドラゴンネスト バルナック鯖 ギルド『RUPERT』で活動中。 ---現在ギルドメンバー募集中---

プロフィール

紙一重

Author:紙一重
Special Thanks:みるきー
--------------------
長いことMMOやってきましたが運命のMOとの出会い。
それがドラネス。
--------------------
社会人になって自由時間も少なくなったけど、これは格ゲー感覚で対人できて、気分転換にID周りもいけるという自分にぴったりのネトゲです。
--------------------

↓のリンクにあるメンバー専用BBSはメンバーのみ閲覧可能です。
PASSはゲーム内ギルド告知を参照して下さい。

また、当ギルドは現在ギルドメンバーを募集しています。
↑のSearch欄に『メンバー募集』と記載して検索して頂ければ詳細の記事があります。


最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雑記 ~その7~
Category: その他  
こんばんわ

昨日『ファミレス総選挙』なるものがテレビでやっていた。
AKB発信でこの手の番組が増えそうw

と言いつつも興味があってチラチラ見ていて…
簡単に概要を紹介すると、大手ファミリーレストラン8社が各社持ちよった人気メニューを国民1万人の投票で順位付けするというもの。

今回は下記4構成。
①ご飯もの部門
②メイン料理部門
③パスタ部門
④デザート部門

結果的には①②③部門でガストが1位を独占するという構図に。
それでなくてもガストは、満遍なくどの部門にも2~3種当選していた。ココスも比較的多かったかな。
それに対し、デニーズ、ジョナサン、ロイホは1種程度しか当選していなかった。
そして、その差は値段に表れていたように思う。

一般ファミリー層や学生は、デニーズとかより全体的に安価なガストへ行くのでは?
そんな中で投票を行えば当然ガストの商品が多く連なるわけで。
今回の順位を決定する上で、あなたはどのファミレスを良く利用しますか?
というのをまず聞かなければならなかったのでは?と思う。

ここまで書いておいて、各店の母数は一緒に設定した上での投票ですよ、ということであれば申し訳ないw
ちゃんと最初から見てないので、もしかしたらそういったことはきちんと設定された上での投票なのかも。

でも、これだけは言いたい。
自社のお薦め1位に持ってきている商品を8、9、10位辺りで発表されてへらへらしてる部長だかなんだか知らないけど前列の幹部らしき人物たち。
自社の最も自信のある商品のプライドはないのか?
その程度の商品価値だと笑ってごまかせるのか?
製品を売り出すにあたって、企画段階で一番重要な市場調査がずさんであることを露呈していることを恥ずかしく思わないのか?

食品業界って今も昔もPDCAなのかなー。
PACDの概念なんてないのかな?フロントローディングとかってないのかな?

総選挙なんてと軽くバカにして見てたけど、テレビという大きなメディアで格付けされたことにより、各ファミレスが色々考えてくれれば今後の商品がまた楽しみになってくる。


スポンサーサイト


雑記 ~その6~
Category: その他  
こんばんわー

久しぶりの更新になりますが、ネタがありません。
60ネストが実装されたり、カーリーが実装されたりでなにかありそうなものですが…
リアル多忙により毎週全部は消化できていません。。

今回は『FIFA U-20女子ワールドカップ』について、少し書き綴ってみたいと思います。
興味のない方はつまらないと思いますがw

開始年 2002年
参加チーム数 16(本大会)
前回優勝 ドイツ(2回目)
最多優勝 アメリカ合衆国(2回)、ドイツ(2回)

ご覧の通り歴史は浅く、参加チーム数も多くはありません。
アメリカとドイツが強いのは言うまでもありませんが、その他のチームも優勝を狙える強さを持っています。
今回2012年は記念すべき日本での初開催となったわけです。

最初に言いたいのが、↓の2人の選手が怪我などの理由により今回参加できないという事。
・2011年のAFC U-19女子選手権で得点王と最優秀選手に輝いた京川舞
・2008年U-17女子ワールドカップでMVPを受賞した岩渕真奈
テレビでヤングなでしこを見るまでこの2人以外、他のメンバーをほとんど知りませんでした。

ですが、テレビ観戦して驚きました。
個々の技術の高さ、前の選手の1対1の意識の高さ、動きのイメージの共有、運動量。
まだ20歳以下の女子でこれか!とw
それだけにやはり京川と岩渕の欠場は痛いと思いましたが…

尊敬する選手を聞いていて更に驚いたのは、バルセロナの選手名が続々と出てくること。
メッシ、イニエスタ、シャビ…
こういった意識でサッカーをやっていれば、女子でもうまくもなるかなと。

そしてなんといってもかわいらしい選手が多い!w
猶本光、仲田歩夢の2人なんかびっくりしますよ。彼女らほとんどノーメイクなわけですし。

ただ、個人的に今後期待したいのは柴田華絵です。あ、顔じゃないですよw プレーです。
この選手はトップ下と言われる攻撃的なポジションなんですが、1トラップで前を向いて既に走り出そうとしている感覚が香川に似ていると感じました。
また、いまどきスルーパスがうまい選手なんて珍しくありませんが、彼女は本当にうまいと思いました。
というか、基本的に女子選手はみんなパスがうまい印象を受けました。
そのかわりシュートは・・・ですけど。


それにしても、なでしこジャパンの今後が楽しみです。




なんていうか…ダメでしたw
Category: その他  
こんばんわー

PSO2

これはだめでした。

なんていうか…だめでした。


下調べなしでいきなりやるのはイクナイ!



てかドラネス軽い!
遂に第3者オワタのか!?


・・・と思ったら落ちましたw





ひさびさに…5タイトル目!
Category: その他  
こんにちは

たび重なる接続障害に完全に押し負けて、最近は闘技しかしてませんでした。
ということで、ひさびさに他MMOでもやってみようかなと。

タイトルはPSO2(ファンタシースターオンライン)
私にとっては珍しく、事前調べが全くといっていいほどされてないです。
ちょっと動画見たかんじではTERAみたいな感じかと。

プレオープンβテスト
6月15(金)19:00~24:00
6月16(土)19:00~24:00

登録すれば誰でも参加可能です。
お暇な方は一緒にやってみませんか?

↓登録方法とか詳しいことはwikiに載ってます
http://pso2.swiki.jp/



雑記 ~その4~
Category: その他  
こんばんわー

今回の内容は「つめかえ商品に隠された販売戦略」

以下は本文抜粋
--------------------------------------------------------------------------------------
つめかえ商品は当然のことながら、容器に入って売られている商品よりも安く販売されています。
しかし、よくパッケージを見ると、容器商品よりも「内容量が少ない」です。
100mlあたりの単価が容器商品よりも割高というものもあるという結果に。

某メーカーに取材してみると、
「使い切らないで中身を入れる消費者の方が多いので、こぼれないように内容量を減らしている」、
「つめかえるとき泡立つ製品の場合、内容量を減らさないと泡であふれてしまう可能性がある」との返答。

肝心の容器商品の方が実体的に割安である事に言及すると、
「販売店さんのお考えで価格は決められていますので、当社では明確にお答えできません」との事。
--------------------------------------------------------------------------------------
参考⇒http://topics.jp.msn.com/wadai/lifehacker/column.aspx?articleid=927887


ビジネス的なやりとりはこうだ
社長「儲けるためにはどうすればいいかね?」
社員A「安いパッケージ使って高く売ればいいんじゃないっすかねー」
社長「それじゃぁお前、客は納得しないだろう」
社員B「内容量を減らしてあやふやにしちゃいましょう」
社員C「あと、エコってことにすればいいんじゃないですかねー」
社長「それだけだとまだ苦しいな。その他、もっと言い訳考えておいてくれよ、じゃ」

・・・後日
社員A「つめかえのときにこぼれないように内容量を減らしているって理由はどうすかね?」
社長「うーん、使い切らないで中身を入れる消費者の方が多いってデータとっとけよ」
社員B「つめかえるとき、内容量を減らさないと泡であふれてしまうってのは?」
社長「まずまずだな。泡立つ成分増量しとけよ」
社員B「いいっすねー、それコストも下がりますよー」


消耗品てのは身の回りにくさるほどある。
⇒ありすぎてそれが当たり前に思う。
⇒企業の戦略なんて深く考えない。

その商品が本当にお得なのか?目先の値段で判断していないか?今一度考えてみては?

プリンタのインク然り、電気シェーバーの洗浄液然り。
取り分けプリンタに関して言えばインク以外にもトナーの費用対効果は絶大だろう。
中国のブラックマーケットは露骨に模造品あるし、そういうことなんだろう。


地震のこともあり、最近良く会社の将来を考える。
3Dテレビなんていう、売り切りタイプの博打ビジネスはもう終わってんだ・・・
見誤った時代の流れに乗っかっただけで、リスクアセスできてない。

時代は変わるけど、変わらないものをちゃんと把握しておきたい。



※この記事は、あくまでも日用消耗品の「つめかえ」にスポットを当てたものであることをお断りしておきます。特定のメーカーの商品を名指ししたものではありません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。